特別展示室


2019年4月20日(土曜日)〜6月16日(日曜日)


平成31年度春季ミュージアムギャラリー

創作展いずみ−和泉市文化協会美術部門十部門の粋−

地元和泉市において、文化活動に積極的に取り組んでいる和泉市文化協会の美術10部門(押し花、木彫り、写真、書道、水墨画、ちぎり絵、陶芸、日本画、俳画、洋画)の 会員の粋を集めた創造的な作品展。地元の皆様をはじめ多くの方々に美術作品を鑑賞していただき、地域に開かれた親しまれる博物館としての役割を担っていく。




  関連ワークショップ情報はこちら

入 館 料:一般310円 65歳以上・高大生210円
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:毎週月曜日




2019年7月21日(日曜日)〜10月6日(日曜日)


令和元年度夏季特別展

白兎のクニへ−発掘された因幡のあけぼの−

大国主命が救った白兎。日本人の誰もが知っている神話の舞台となった鳥取県東部地域(因幡)は、日本海沿岸地域の古代史を考える上で大きな意味を持っている。 本展では、最新の発掘・研究成果を紹介しながら、新しい因幡の歴史を掘り下げるとともに、その地域的な特性や風土、文化を考えていく。


入 館 料:一般650円 65歳以上・高大生450円
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:毎週月曜日




2019年10月19日(土曜日)〜12月15日(日曜日)


令和元年度秋季特別展

北陸の弥生世界−わざとこころ−

北陸屈指の大集落、石川県小松市八日市地方遺跡は、弥生時代のイメージをくつがえす出土品が続出し、研究をけん引する今最も熱い場所だ。その美しい土器・石器・木器・金属器をさらに掘り下げ、北陸弥生人の高い技術力、周辺地域との活発な交流を描き出す。日本海のわざとこころは現代のわれわれにどのようなメッセージを投げかけるのか。


入 館 料:一般650円 65歳以上・高大生450円
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:毎週月曜日




2020年1月18日(土曜日)〜3月29日(日曜日)


令和元年度冬季企画展

「はくふだ」でめぐる泉州の歴史と文化

泉州の8館をめぐって集めるカードプログラム「はくふだ」。それぞれに特徴ある博物館をめぐりながら歴史や文化に親しみ、地域の魅力を再発見するための取り組みだ。 本展では、プログラム参加館が弥生博に集結!各館の魅力を紹介する。


入 館 料:一般430円 65歳以上・高大生330円
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:毎週月曜日