特別展示室


2017年1月21日(土曜日)〜3月20日(月曜日・祝)


平成28年度冬季企画展

なにわの伝統工芸−受け継がれゆく匠の技と美−

大阪府の無形文化財保持者である4名の伝統工芸作家の秀作(木工芸・金属工芸)を展示します。箱や盆、座敷机や箪笥などの作品に優しい曲線美を生かす藤嵜一正さん。 人間国宝である角谷一圭氏を父にもち、茶の湯釜の伝統を受け継ぐ角谷征一・勇圭さん。金属を叩いて花活けや水指を造形する三好正豊さん。継承した「技」があればこそ表現できる「美の世界」をご覧ください。
<作家による展示品解説>2/11 藤嵜一正氏(木工芸)・三好正豊氏(鍛金)、3/4 角谷征一氏・角谷勇圭氏(茶の湯釜) (いずれも午前11時から)
<展示担当による展示品解説>2/4、2/19 (いずれも午前11時から)






  関連講演会情報はこちら

入 館 料:一般400円 65歳以上・高大生300円
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:毎週月曜日