ミニギャラリー


2022年6月23日(火曜日)〜7月3日(日曜日)

大阪府立弥生文化博物館ミニギャラリー

青谷弥生人(あおややよいじん)

鳥取県では鳥取市の青谷上寺地遺跡(あおやかみじちいせき)で2000年に発掘された人骨をもとに、弥生時代後期(約1800年前)の男性の顔を復元。2021年10月に復顔が公開されるやいなや、SNSなどで「誰かに似ている」と話題となり、そっくりさんや名前の募集がされました。
そして2022年、鳥取県の弥生時代・文化の魅力を全国に発信することを目的とした「とっとり弥生の王国プロモーション推進事業」の一環として、「青谷弥生人」の復顔像の移動展示(ミュージアムキャラバン)を開催、6月21日(火曜日)から7月3日(日曜日)までの間、大阪府立弥生文化博物館エントランスホールへやってまいります。この機会にぜひともご覧ください。





入 館 料:一般310円 65歳以上・高大生210円
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:6月27日(月曜日)

記念講演会:「日本海を望む弥生の村と人々」
日   時: 7月3日(日曜日) 午後2時から4時まで
講   師: M田竜彦(鳥取県地域づくり推進部文化財局)

※往復はがきに等による事前申込み制が必要です 令和4年6月23日(木曜日)【必着】

〈申し込みについて〉
◇往復ハガキ1通につきお一人様のみの受付といたします。
◇往復ハガキ往信に、講演会名・住所・氏名・電話番号を明記の上、返信にご自分の宛名をお書きください。
◇もしくはご来館され、所定の用紙に記入いただく方法もございます。その場合、返信用はがきはご用意ください。
◇応募者多数の場合は抽選といたします。応募締切日に抽選を行い、結果を返信いたします。
◇返信されたハガキが参加証になりますので参加当日にご持参ください。
〈新型コロナウイルス感染症対策について〉
■発熱や、軽度であっても咳、喉の痛みなどの症状がある方は入館をご遠慮ください。
■入館の際に手指消毒と検温にご協力ください。
■来館・講演会参加に際してはマスクの持参・着用をお願いします。
■講演会では定期的な換気を実施いたします。
■新型コロナウイルス感染症の状況によっては開催を中止する場合がございます。
■開催に関する情報は当館ホームページ及びFacebookに掲載しますのでご確認ください。