大阪府立弥生文化博物館 平成21年度冬季企画展
大阪の20世紀
−古写真・出土品などからみた昔のくらし−



会  期
平成2223日(土)〜22日(月祝)
主  催 大阪府立弥生文化博物館
後  援 和泉市・和泉市教育委員会・泉大津市・泉大津市教育委員会
協  力 柏原市教育委員会・堺市立中央図書館・高石市教育委員会・豊中市教育委員会・
財団法人大阪市文化財協会・秤乃館
会  場 大阪府立弥生文化博物館 特別展示室(約232u)
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日 毎週月曜日(ただし3月22日は開館)
入 館 料 一般400円/65歳以上・高大生300円 (20名様以上の団体は2割引)
  ※中学生以下・障がい者手帳をお持ちのかたとその介助者1名は無料
アクセス JR阪和線「信太山(しのだやま)」駅下車 西へ約600m
南海本線「松ノ浜」駅下車 東へ約1,500m
国道26号線「池上町」交差点南西角 P:普通車72台・大型バス7台(無料)


開催要項

 戦争の世紀ともいわれた20世紀。
 一方で20世紀という時代は、大阪をはじめとして、日本がさらなる近代化をとげた時代でもあります。大阪は大正時代末から昭和時代初期にかけて「大大阪(だいおおさか)」とも呼ばれ、産業や文化が大きく花開きました。
 今回の展示では、近代から現代にかけての絵葉書・古写真など、大阪に関わるものを中心に展示します。また、あわせて、発掘調査で見つかった近現代の出土遺物から当時の生活や軍隊の様子も紹介します。
 華やかで活気にあふれていた「大大阪」、都市部の多くが灰燼に帰した戦時下の大阪、占領下の大阪、高度経済成長と大阪万博で活気づく大阪。激動の20世紀の中で、さまざまな顔を見せていた大阪の歴史を写真や出土遺物からたどってみたいと思います。

大正時代初期の通天閣(高石市教育委員会蔵)
近接して遊園地「ルナパーク」がありました。



展示構成 ならびに 主な展示品                                展示品約300点

エピローグ 「大大阪」の時代
○発展する大阪

関一氏書簡(個人蔵)
物語1 「写真」の中の大阪
○ちょっと昔の大阪
大正〜昭和時代大阪関連写真・絵葉書等
     (高石市教育委員会・柏原市教育委員会・個人蔵)
大正14(1925)年に開かれた「大大阪記念博覧会」絵葉書(個人蔵)
この年、大阪市は東京市を人口・面積で抜き、日本一の規模の都市となった。

○100年前の堺
明治30年代堺関連写真(堺市立中央図書館所蔵)
大正末年〜昭和初年堺関連写真(堺市立中央図書館所蔵)

○濱寺ロシア人捕虜収容所
コラム展示1 写真事始め

濱寺紀念写真帖写真パネル(高石市教育委員会所蔵)
上野彦馬撮影写真・横浜写真・立体鏡のぞき箱・着色ガラス
板立体写真・明治初年大阪関連写真(高石市教育委員会所蔵)
物語2 「土」の中の大阪
○戦争の世紀



陸軍第四師団関連出土遺物(大阪府文化財センター所蔵)
禁野火薬庫跡関連出土遺物(大阪府文化財センター所蔵)
大正飛行場跡関連出土遺物(大阪府文化財センター所蔵)
米軍P51墜落機(豊中市教育委員会所蔵)
戦時統制番号入り陶磁器(大阪府文化財センター所蔵)


左:認識票と襟徽章
(財団法人大阪府文化財センター蔵)


右:東洋陶器(現TOTO)の衛生陶器
(財団法人大阪府文化財センター蔵)
元々「TOYO TOKI CO.Ltd」であったもの
が、太平洋戦争にともなう敵国語使用
禁止によって「TOYO TOKI KAISHA」
に改められたもの。(昭和17年〜22年)

コラム展示2 衛生陶器の考古学
○埋もれた大阪


大坂城跡出土衛生陶器(大阪府文化財センター所蔵)
堂島蔵屋敷跡出土阪大病院関連資料・阿倍野筋北遺跡出土資料・
細工谷遺跡出土貝ボタン関連資料(大阪市文化財協会所蔵)
化粧品ポスター(秤乃館所蔵)
コラム展示3 ガラス瓶の考古学1
○進駐軍の落し物
「目薬瓶の型式学的研究」(大阪府文化財センター・個人蔵)
進駐軍関連出土遺物(ガラス瓶・認識票等)(大阪府文化財センター所蔵)
コラム展示4 ガラス瓶の考古学2
○「土」の中の鉄道−旅する大阪人
「コーラ瓶の考古学」(大阪府文化財センター・個人蔵)
汽車土瓶・レール・ガラス瓶(大阪府文化財センター所蔵)
国鉄ポスター・観光絵はがき・観光地図
(秤乃館・柏原市教育委員会・堺市立中央図書館所蔵)
物語3 「紙」の中の大阪
○号外にみる20世紀

第一次世界大戦・226事件関連号外(個人蔵)


2.26事件号外 左:大阪毎日新聞 昭和11年2月26日発行(個人蔵)

右:大阪朝日新聞 昭和11年2月27日発行(個人蔵)
○地図の中の大阪
○すごろく
各種地図類(個人蔵)
各種すごろく(個人蔵)

昭和2年3月10日発行の電車路線図(個人蔵)

昭和17年発行の童謡双六(個人蔵)
コラム展示5 昔の教科書
コラム展示6 文化の町「大阪」

明治〜昭和時代教科書(秤乃館所蔵)
古書店目録(個人蔵)

プロローグ 大阪1970
○東京オリンピックから大阪万博

東京オリンピックポスター・大阪万博関連資料・ポスター等
(秤乃館・個人蔵)     。


関連事業

1.特別講演会 午後2時〜4時
  3月14日(日)「近代大阪出版物語」山野博史(関西大学教授)
2.考古学セミナー 午後2時〜3時30分
  @2月13日(土)「近代大阪発掘物語」 江浦 洋(大阪府立弥生文化博物館学芸課長)
  A2月21日(日)「ガラス瓶の考古学」 市村慎太郎(財団法人大阪府文化財センター副主査)
  B2月28日(日)「禁野火薬庫跡の調査」駒井正明(財団法人大阪府文化財センター副主査)
3.ワークショップ 午後2時〜3時30分(定員20人:当日先着順)
      @2月6日(土)「ピンホールカメラを作ろう」
      A2月27日(土)「ピンホールカメラを作ろう」